パニック障害症状

| Home | Sitemap | お問い合わせ |

唐木心療内科クリニック

パニック障害
パニック障害とは
パニック発作
パニック障害原因
パニック障害症状
パニック障害治療
パニック障害の薬
心理療法
パニック障害経過
パニック障害克服
パニック障害 家族


うつ病

メンタルヘルス


心療内科御案内
パニック障害症状
パニック障害の症状

●パニック発作

パニック発作は、他とはっきり区別される強烈な恐怖感や不快感であり、13症状のうち4つまたはそれ以上が突然に発現し、10分以内にその頂点に達することで診断されます。
  1. 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
  2. 発汗
  3. 身震い、またはふるえ
  4. 息切れ感、または息苦しさ
  5. 窒息感
  6. 胸痛、または胸部不快感
  7. 嘔気、または腹部の不快感
  8. めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
  9. 現実感消失(現実でない感じ)、または離人症状(自分自身から離れている)
  10. コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
  11. 死ぬことに対する恐怖
  12. 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
  13. 冷感または熱感

診断条件

パニック発作が1 回だけ起こり、その後、2度と起こらないケースもありますが、
その場合は、パニック障害とは診断されません。

パニック障害と診断されるためには、以下のことが1カ月間以上持続する、という条件を満たす必要があります。
  1. 予期しないパニック発作が繰り返し起こる。
  2. 発作が起こるのではないかという心配、発作の結果(心臓発作など) についての心配、発作と関連する行動の大きな変化など。
    (薬剤、身体疾患、他の精神疾患によるパニック発作は除外されます)。
さらに、パニック障害は、広場恐怖を伴う場合と伴わない場合に分けて診断されます。


身体疾患や精神疾患との鑑別

パニック障害は、動悸、胸痛、呼吸困難、めまいなど多彩な身体症状を示すので、身体疾患との鑑別が必要になります。

【鑑別のポイント】
  1. 症状が突然出現して短時間で消失する
  2. すべての症状を一つの身体疾患で説明するのが困難である
  3. 不安、恐怖、抑うつ、離人感など精神症状を伴うことが多い
また、パニック発作は、うつ病、 強迫性障害(OCD)、外傷後ストレス障害(PTSD)、小児の分離不安障害などの精神疾患でもみられることがあり、その鑑別も必要となります。


 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10  パニック障害 薬物療法・心理療法 


パニック障害症状にお悩みの方、一人で悩まず御相談ください > <A href=お問い合わせ


*このページの文章はWebサイト”メンタルナビ”から、許可を得て転載しています。二次使用・転載をお断りします。
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved               | Home | Sitemap | お問い合わせ |.