アクセス解析
カウンター
ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ
パニック障害
パニック障害とは
パニック発作
パニック障害原因
パニック障害症状
パニック障害治療
パニック障害の薬
心理療法
パニック障害経過
パニック障害克服
パニック障害 家族


うつ病

メンタルヘルス


心療内科御案内

 パニック症候群(パニック障害)の原因

警報の誤作動で起こるパニック障害

脳の中にある青斑核を中心とするノルアドレナリン神経系には、生体が危険と判断されると
警報を発する役割があります。

パニック障害では、このシステムが誤作動を起こしやすくなり、危険がないのに警報が出て、
それに伴って様々な身体症状が現れると考えられています。


また、青斑核ノルアドレナリン系の異常興奮は、恐怖などの感情に関係する大脳辺縁系に達し、
予期不安を生じると推察されています。

パニック発作を繰り返して頻繁に予期不安を経験していると、その結果、脳(大脳皮質)がそれを「学習」し、
恐怖から身を遠ざけようとして広場恐怖が起こると考えられています。


パニック障害はうつとの関連が深く、パニック発作、予期不安、広場恐怖、二次的うつに至る自然経過が
指摘されています。

その経過に伴い、パニック障害に関係する脳の部位も青斑核、大脳辺縁系、大脳皮質へと広がってゆくと
考えられています。 



 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10  パニック症候群の症状 


パニック症候群にお悩みの方、原因に疑問がある方一人で悩まず御相談ください  お問い合わせ


*このページの文章はWebサイト”メンタルナビ”から、許可を得て転載しています。二次使用・転載をお断りします。
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |