ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ

うつ病について
うつ病とは
うつ病の症状1
うつ病の症状2
うつ病の症状3
抑うつ他症状
うつ病の治療1
うつ病の治療2
うつ病の原因
うつ病と薬

うつ病を治すステップ

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ


うつ病の本
Amazonで探す


唐木クリニック
初診のご案内

 うつ病 薬の服用

うつ病の治療では、必要に応じて抗うつ薬などの向精神薬(精神疾患に使用する薬)を処方しますが、
向精神薬を服用することに抵抗感を持つ方がかなりの割合で見られます。

「薬を飲んで本当に役に立つんですか」と尋ねる人や、「薬を飲んでも、どうせ何も変わりませんよ」と決めつけてしまっている人が少なからず存在しています。

そうした人には、うつ病にかかっている人の脳内で起きている神経伝達物質(化学物質)の変化について説明しながら薬の効用について話をさせて頂いています。
また、「飲んでみないと、役に立つかどうかはわかりませんが、飲む前から役に立たないと決めつけてしまうのは、悲観的すぎるのではないでしょうか」と話してもいます。

これは、気分が沈み込んでくるとすべてにマイナス思考になり、薬物療法をはじめとする様々な治療法に対しても悲観的になりやすいからです。そのために、薬物療法に対しても実際に服用する前から効果がないと決めつけるようになるのです。

向精神薬を飲むと依存症になるのではないかと心配する人もたくさんいます。
慣れがでて「どんどん薬の量が増えていってしまうのではないか」、クセになって「やめられなくなるのでないか」と心配になるようです。

お出しする薬には、依存症になる心配はありません。むしろ、中途半端な量を飲んだり、飲んだり飲まなかったりすると症状が長引くことになるので、医師の指導通りにきちんと服用することが大事です。

一般には、薬なんかに頼らないでアルコール(お酒)で気分を晴らすという人も少なくありません。
しかし、アルコールは一時的に気持ちが晴れたとしても、物質としてはうつ病を引き起こしますし、眠りも浅くします。それに、向精神薬よりもずっと依存症になる危険は高いです。
また、薬との相互作用で心身両面にいろいろな弊害をもたらします。ですから、けっしてお酒に頼らないようにしてください。特にこれは重要なことですが、うつ病とアルコール依存の併存は自殺の危険性を高めます。

ですから、そうした依存性物質を用いた自己治療は絶対に避けるようにしてください。 精神に作用する薬物ということで、自分の精神機能が変えられて別の人間になってしまうかのような不安を感じて、「薬に頼らないといけないほど弱い人間じゃありません」と言う人もいます。

しかし、脚の骨を折ったときに、筋肉を強くしなくてはいけないからといってその脚を使って歩こうとするとかえって障害が進むのと同じように、服薬をしないで自分の力だけで頑張ろうとすると精神的なつらさがましてくるだけです。
薬物療法は、骨折した骨を固定して安定させるギプスのようなもので、それをどのように利用するかが大切です。

もちろん、薬に頼ってしまうと、自分の力で問題を解決できなくなる危険性があり、望ましくありません。薬に対する期待感が強すぎて、薬を飲むとすぐに効果が現れて楽になるのではないかと考え、すぐに効かないとがっかりして飲むのをやめてしまう人もいます。

抗うつ薬は飲んですぐに効果が現れるわけではなく、効果発現までに時間がかかることも覚えていただければと思います。


うつ病について 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /  うつ病患者さんのご家族・周囲の方へ

「うつ病と薬」が参考になりましたらぜひ!
うつ病と薬の付き合いでお悩みの方はご相談ください。
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |