ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ

うつ病について
うつ病とは
うつ病の症状1
うつ病の症状2
うつ病の症状3
抑うつ他症状
うつ病の治療1
うつ病の治療2
うつ病の原因
うつ病と薬

うつ病を治すステップ

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ


うつ病の本
Amazonで探す


唐木クリニック
初診のご案内

 うつ病の原因・症状の経過など

うつ病の発症率

わが国の地域の住民がうつ病を体験する頻度は、平成14年度に無作為抽出された1,664人の住民を対象に行われた厚生労働省研究班の調査によれば、これまでにうつ病を経験した人は約15人に1人、過去12ヶ月間にうつ病を経験した人は約50人に1人でした。また、うつ病の平均発症年齢は20歳代でした。


うつ病の危険因子

うつ病は女性に多くみられますが、これは女性ホルモンの増加、妊娠、出産など女性に特有の危険因子や男女の社会的役割の格差などが男女差の原因として指摘されています。
うつ病の平均初発年齢は20-30歳の間で、一般には若年層に高頻度にみられます。また、海外では低学歴、低収入・貧困、無職者にうつ病が多いとされていますが、わが国の調査では社会経済要因との関連ははっきりと証明されていません。

そのほか、海外では、養育体験、最近のライフイベント(離婚、死別、その他の喪失体験)、トラウマになるような出来事(虐待、暴力など)、社会的支援、性格傾向(神経症傾向など)がうつ病の危険因子として報告されていますし、急速な都市化が影響するという可能性も指摘されています。


うつ病の個人及び社会への影響

うつ病にかかると著しい精神的な苦痛を体験しますし、その程度にかかわらず社会的な機能が低下し、日常生活に支障が生じますし、自殺の危険性も高まります。

虚血性心疾患、糖尿病、骨粗鬆症などの一般身体疾患にかかる危険性も高まることもわかっています。米国ではうつ病による経済的損失は年間530億円と推定されています。


うつ病の症状の経過

うつ病にかかっても数ヶ月で症状が治まる人が多いのですが、うつ病と診断された人の約40%が1年後になおうつ病の診断基準を満たしており、それ以外でも20%の人が何らかの抑うつ症状を呈していたという報告もあります。

いったん改善しても約60%が再発しますし、2回うつ病にかかった人では70%、3回かかった人では90%と再発率は高くなります。

米国では、うつ病にかかった人で完全に症状が消失する人は3分の2、症状が変わらないか軽くなるだけの人は3分の1であると言われています。入院経験のあるうつ病の人を15年間追跡調査をした英国やオーストラリアでの研究では、その後一度も再発しなかった人が2割、症状が変わらない人や自殺で命を落とす人が2割、再発を繰り返す人が残りの6割だと報告されています。


このようにうつ病は長期に持続する疾患であり、早期発見が大切であるだけでなく、長期にわたってのケアが必要な病気でもあり、地域での援助も非常に重要になってきます。


うつ病について 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /  うつ病と薬

「うつ病の原因・症状の経過など」が参考になりましたらぜひ!
うつ病の原因は様々です。一人で悩まずに当心療内科にご相談ください。
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |