ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ

うつ病について
うつ病とは
うつ病の症状1
うつ病の症状2
うつ病の症状3
抑うつ他症状
うつ病の治療1
うつ病の治療2
うつ病の原因
うつ病と薬

うつ病を治すステップ

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ


うつ病の本
Amazonで探す


唐木クリニック
初診のご案内

 うつ病の症状

うつ病によくみられる9つの症状を説明します。

1) 憂うつな気分

うつ病の人は、気持ちが沈み込んでいることがよくあります。このような状態を「抑うつ(よくうつ)」といいます。
「気分が晴れず、やる気が出ない」と思い悩んでいるのです。
こうした症状は午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善してくることがよくあります。

憂うつな気分を感じているときに、イライラ感が強くなって怒りっぽくなったりすることもあります。
それが性格の問題と間違われてうつ病の症状であることに気付かれないことがあるので、注意しなくてはなりません。


2) 興味や喜びの喪失

これまで楽しんでできていた趣味や活動にあまり興味を感じられなくなった状態です。

何をしてもおもしろくないし、何かをしようという気持ちさえ起きなくなってきます。友達と会って話すのが好きだったのに、会ってもおもしろくないし、かえってうっとうしくなってきます。運動が好きだったのに熱中できませんし、テレビでスポーツ番組やドラマを見てもおもしろくありません。音楽を聴くのが好きだった人が、好きな音楽を聴いてもちっとも感動しません。性的な関心や欲求も著しく低下してきます。

このように何をやってもおもしろくないので、自分の世界に引きこもるようになってきます。その変わりぶりは、まわりの人から見れば、あんなに喜んでやっていたものをなぜやらなくなったんだろうと不思議に思えるほどです。


3) 食欲の減退または増加

一般にうつ病では食欲が低下してきます。一方、それとは逆に食欲が高まることもあり、また、甘い物など特定の食べ物ばかりほしくなることもあります。

食欲がなくなった人は「何を食べても、砂を噛んでいるようだ」「食べなくてはいけないと思うから、口の中に無理に押し込んでいる」と訴えることがよくあります。あまりに食欲がなくなって、一ヶ月に4キロも5キロも体重が減少してしまうこともあります。


うつ病について 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /  うつ病の症状2

「うつ病の症状」が参考になりましたらぜひ!
うつ病でお悩みの方は唐木心療内科クリニックへ
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |