ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ

心療内科・精神科で診療する症状Q&A

以下のような症状はありませんか?
思い当たる場合は、ひとりで悩まずにお近くの心療内科・精神科へ


うつ病 自律神経失調症
パニック障害 摂食障害
強迫性障害(強迫神経症) 社会不安障害
統合失調症 気分(感情)障害
睡眠障害 アルコール依存症・薬物依存症

うつ病

何かいつもより気分がすぐれない、やらなければいけないことなのに何故かやる気がおきないということは
誰でもよくあることです。

でもそれが一週間以上続いたり、だんだん憂うつになったり、不安感、イライラ、眠れない、食欲がない
などが伴う場合は単なる気分の問題ではないし、いわゆる気の持ちようではありません。

うつ病は誰でも、どんな年齢でも起きる可能性のある病気です。
以下のような症状が当てはまってきたら、一刻も早く受診するようにしてください。

  • 憂うつな気分が続く
  • 疲れやすい
  • イライラする
  • 物事に意欲や興味がもてなくなる
  • 物事を考えられなくなる
  • 決断できなくなる
  • 自分が価値のない人間と感じる
  • 自分を責めてしまう
  • 不眠
  • 体重の減少(または増加)
  • 死にたい気分になる
クリニック写真

うつ病についてもっと知りたい方はこちら

自律神経失調症

自律神経とは内臓の働きを自動的に調整している神経です。

交感神経と副交感神経とがあり、交感神経は主に昼間に活動的にさせる働きをし、
副交感神経は夜にゆっくりとリラックスさせる働きをしています。

自律神経失調症とはこのバランスが崩れて、
頭痛・肩こり・動悸・めまい・倦怠感・腹痛・便秘・下痢・立ちくらみ・耳鳴りなどの症状がでてくるものをいいます。

パニック障害

なんの前触れもなくある日突然めまい、動悸、呼吸困難といった身体症状(10分以内にピークに達し
30分以内に症状が消える)が起きる病気です。

本人はこのまま死んでしまうのではないか、気が狂ってしまうのではないかというような恐怖心に襲われ
いわゆるパニック状態に陥ります。

パニック障害での発作は、どうしてこんなところで発作が起こるのかがわからず本人にも周囲にも
まったく理解ができないのです。

どこか身体が悪いのかと病院に行き色々な検査を受けてもどこも異常なところは出ないので、医師からは
気分的なものとか、自律神経失調症・心身症・過呼吸症候群・狭心症・メニエール病等と診断されてしまうことが
多いものです。

パニック障害についてもっと知りたい方はこちら

摂食障害

拒食症と過食症があり、拒食症は思春期ぐらいから20代に発病することが多い病気です。

ダイエットの手段で食べ物を我慢することから始まることが多く、食欲がなくなり、空腹感さえも
わからなくなってしまいます。

過食症は、胃が満腹になりこれ以上食べられないというところまで食べ続けるのですが、
太ることに極端な恐怖心をもっているためにそのあと嘔吐をしたり、下剤を乱用するものです。

摂食障害についてもう少し知りたい方はこちら

強迫性障害(強迫神経症)

強迫観念といって自分でも役に立たないし、矛盾しているのだとわかっている考えやイメージが自分の意思とは
逆らって浮かんできてしまうといった症状や、強迫行動といって鍵を閉めたか何度も確かめるとか、何十回も手を
洗い続けてしまうといった、どこかで無駄だと分かっているのに行動がとめられなくなるという症状があります。


それに強い不安や苦痛を感じたり、そのことにとらわれて多くの時間を費やすことで日常生活や社会生活に
支障をきたす状態になります。

社会不安障害

以前の対人恐怖症がこれに近いもので、人前で話したり,初対面の人と会ったり、目上の人の前に出ると緊張したり、あがってしまい言いたいことが言えなくなるなどといったことが高じて、会社を辞めたくなったり、家に閉じこもることになってしまう状態を言います。

統合失調症

主な症状として、実際には存在しない声や音が聞こえる幻聴やあり得ないことを信じ込んでしまう妄想、頭の中が
混乱して考えがまとまらなくなる思考障害、興奮症状等があり、これらはまとめて陽性症状と呼ばれます。

また意欲の低下や自閉傾向(閉じこもりがちなこと)など、エネルギーが無くなったような状態になることも多く、
これらは陰性症状と呼ばれます。

気分(感情)障害

気分障害は、気分や感情の変化を基本とする障害で、気分が沈んだり、高ぶったりするのが特徴です。
気分の変化に伴って生活全般の活動性も変化します。また、ストレスが気分の変化のきっかけとなることが多く、
しばしば再発を繰り返します。

気分(感情)障害についてもう少し知りたい方はこちら

睡眠障害

おおまかには、
1.睡眠自体に問題のある「睡眠の異常」
2.睡眠自体には問題はないが、睡眠と覚醒のリズムに問題のある「概日リズム症候群」
3.眠っている間に問題の起こる「睡眠時随伴症状」に分かれます。

睡眠障害についてもう少し知りたい方はこちら

アルコール依存症・薬物依存症

依存症とは、アルコール、煙草、薬物などの物質を欲しくてたまらない、摂取しないでは我慢できなくなる状態で、そのための行動をコントロールすることが困難な状態を指します

アルコール依存症・薬物依存症についてもう少し知りたい方はこちら  

このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |